ゲイバー各店の魅力をご紹介!お店探しにご活用ください♪

No.30 衝撃!? 2017年ハプニング大賞 編

No.30 衝撃!? 2017年ハプニング大賞  編

早いもので2017年も残りあと僅か。
明日で終わりですね。

毎度かねごんのマイペースな記事にお付き合い頂いているみなさん、ありがとうございますm(__)m 今のうちに言っておきます。。
来年も変わらず宜しくお願い致します!!

さて、2017年12月30日にお送りするゲイバー探訪は、記念すべく第30回

なんと、「30」繋がりというまさかの偶然!

これは何かいいことがあるかも!?なんて変な期待をしつつお送りします。
せっかくの年末なので、今年のゲイバー探訪を振り返り
「2017年 〇〇ベスト3!」的なものをやりたいと思います!

やりたかったんですこれ笑

 

2017年 衝撃ハプニング ベスト3

さあ、まずは忘れられない衝撃エピソードランキングです!

【第3位:初ゲイバーは〇〇記念日!?】

そう、それは懐かしのゲイバー探訪第一号自己紹介編」で紹介したエピソード。
今では想像もできない、ゲイバー超初心者のかねごんが人生初ゲイバーで受けた洗礼。。。

 

さて、最後に人生初ゲイバーでのエピソードをひとつ。
あるゲイのお客さんから受けた別れの挨拶でした。
そう、それは密着度高めの強烈グッバイ。。。

 

 

バックハグからの
耳フー。。。

呆然とする私にそのお客さんはにっこり
「むふっ?
一瞬スローモーションにも見えたあの笑み、忘れることはないでしょう。

そしてこの記事を書きながら気づきました。
あれは私にとって「人生初の耳フー」だったと。。。
思い出したくはない。でもそれは決して忘れることのできない「耳フー記念日」

次はどんな記念日ができるかな。わくわく。。。ははは。。。
必死に自分を奮い立たせているのであります。

そう、それは今だって忘れられない、忘れることのできない
「耳フー記念日」

来年はどんな「〇〇記念日」ができるかな笑

にしてもかねごんの絵心って。。
ゲイバー探訪初回記事から全く上達していないですね笑

 

【第2位:ストレート男子が行く〇〇探訪!?】

これはかねごんが新宿2丁目⇒上野⇒新橋と進出を果たし、
ゲイバーにだいぶ慣れてきた頃の話。ゲイバー探訪 No9.未知の扉編より。
当時、ゲイバーの扉を見つけると、とにかく開けたい衝動に駆られていた変人?変態かねごん。

そんなかねごんが扉を開いた先は。。。

 

 

それは突然降り出した雨の中、
新宿2丁目を歩いていた日のこと。

とある路面店を発見。
「おっ、ここはどんなゲイバーかな」

がちゃ。
目の前に現れたパンツ一丁のスタッフ。

ヒョウ柄のパンツ。

「ターザン!?」

「これはいつぞやに見た“ふんどしDay”の再来か。もう驚かないぞ」

かねごん:「こんばんは~今日は何かのイベントですか?」

ターザン:「ん??通常営業ですよ。奥のロッカー自由に使ってくださいね」

奥に目をやると
ずらりと並んだロッカースペース。

カウンターや、グラス、お酒類は見えない。

「あれれ??」

一枚の張り紙に気が付く。

「タオル、〇〇〇レンタル無料」

。。。。。

 

はっ!?Σ(・□・;)

気づきました。

そこはゲイバーではなかったのです。

存在自体は知っていた場所、、、
それは

「ハッテン場」

「まちがえた~~~~~!!!」

外観はゲイバーと変わりなかったのですが。。
油断しましたね。そそくさ帰りました笑

「ストレート男子が行きかけたハッテン場探訪!」

だったとさ。。笑

そう、それは人生初の
「ハッテン場記念日。。。」
になりかけるとこでしたね笑

むやみやたらに扉を開けてはいけない。
そう痛感したかねごんなのでした( ̄▽ ̄)

さあ、いよいよ

【第1位:ねこ好きにはご注意!?】

ゲイ用語である「たち」と「ねこ」
かつてその意味を知らなかった猫好き(動物)かねごんが引き起こした衝撃の勘違いエピソードです。
ゲイバー探訪No.4 ノンケの心得編より。

 

私が大好きなネコ(動物)、ゲイの世界では別の意味で使用されます。それは、
性的関係における「受け」。。。
ちなみに攻め側は「たち」というそうです。
これを知らずにいるとどんなことになるか。。。

私のエピソードをご紹介しましょう。

~とあるゲイバーにて~

かねごん:「実は猫好きなんです。たまらなく可愛いなと思います」

ゲイTさん:「やだ、そうなの?優しそうな顔して意外ね」

かねごん:「そうですか?超絶好きですよ。癒されるじゃないですか♪」

ゲイTさん「やーんもーん?。引く手あまたじゃない。あたしとの相性もばっちりよ」

かねごん:「おっ、合いますね!何(猫の種類)が好きですか?」

ゲイTさん「(好きなプレイを聞かれていると思っている)積極的ね?
あたし〇〇&%$%&(ピーーーーーーー)されるのが好き?どう??」

かねごん:「あーれれ~。。。
遠慮しまーす( ̄▽ ̄)」

これでも一生懸命書きました。えっ?ネコに見えない??

「わ~この人めっちゃ気が合う~!」と思いきや、まさかの展開でした。
あのお客さんから求められたプレイ内容もなかなかでしたが笑

ちゃんと満たしてくれる相手は見つかったんだろうか??笑

2017年 印象的ワード ベスト3

続いては、印象深いワード
ゲイバー探訪を始めてからというもの、それはそれはたくさんのゲイ用語に出会いました。

その中でも特に記憶に残っているものを紹介します。

 

【第3位:GMPD】

ゲイバー探訪No3. ゲイの好み フェロモンの悲劇編より。

 

ゲイTさん:「へぇ~ノンケでゲイバー巡りしてるのね。いろいろ詳しくなった??そうだ、これ知ってる?」

「G ・ M ・ P ・ D」

かねごん:「GMPD?GがゲイでMはマゾ?P?」

ゲイTさん:「はずれ~。正解は、ガッチリ(G)、ムッチリ(M)、ポチャ(P)、デブ(D)。
ゲイってなんでもすぐ略したがるの♪」

かねごん:「なるほど。なんだかとにかく大きな人が思い浮かびます」

ゲイTさん:「そうなの。わたし、自分より大きくて強そうな人が好き?
五郎〇が人気だけど足りないわ。もっと大きい人がいい?

熊系とかデブ専なんて言葉も耳にしますが、大柄男性には一定の需要があるみたいです。
大関とかも人気なんですかね??

にしても頭から離れない。

「G M P D」

CMフレーズのように、かねごんの脳内でループしております。

 

GMPDはとにかく言葉のインパクトが強いです。
かねごんにとっては「今年の流行語大賞!」ぐらいの存在感です笑

 

【第2位:桶専】

それは、初の赤羽ゲイバーでとある常連さんから教わった「〇〇専」シリーズのひとつ。
ゲイバー探訪No.23 赤羽ゲイバー進出編@CREVEより。

 

そんなこんなで話は盛り上がり。。。
またまた、好みタイプの話題に。

かねごん:「誰専、若専とか、いろいろ好みありますよね~」
常連さん:「あ~”桶専”とか知ってます??」

桶専!?!?!?


常連さん:「
棺桶にあしつっこんでるような。ふけ専より上の年代を指すんですよ。70代80代とか。あまり使わないですけどね。」

へ~これは新たな学び!!

まさかふけ専の上の呼び名があるなんて。
これまた衝撃でした。。
ちなみに浅草エリアには、そんな桶専の若者が足を運ぶんだとか。。

 

【第1位:SG系】

それは、新宿ゲイバーで常連さんから教わった用語。
現在は使われていないという過去の言葉。そんなコアなゲイ用語。

ゲイバー探訪No.26 新宿ゲイバーゴリパブ編より。

 

こんにちは!かねごんです!

最近覚えた用語は「SG」
これ、何の略だと思いますか??

スペシャルゲイバー
さくっとゲイバー
サンデーゲイバー

違います。

正解は。。。

「スーパーがっちり(Super Gacchiri)」

その名の通り、とてもがっちりした人を指すゲイ用語です。

ただ、現在はほとんど使われていないようです。。。
ガチムチとかが主流なんですかね。
各ゲイ用語の意味合いでなく、時代ごとの用語の移り変わりも興味深いですね。

「ついにこんな過去の用語まで知るようになったか」
しみじみと、自分のレベルアップを感じさせられた印象深いワードなのでした。笑

 

2017年 傑作イラスト ベスト3

さあ、最後にお届けするのは傑作イラストランキング!

イラスト??

もうあれしかないですよね??

「かねごんの棒人間イラスト」

初回からどんなに下手くそと言われようとも、書き続けてきた棒人間イラスト。
かねごんの思い入れは相当なのです!

みなさんにランク付けしてもらえばよかったなんて今さら思っているのですが。。。

マイベスト3を紹介します!

 

【第3位:へい!ふんどし一丁!】

ゲイバー探訪 No9.未知の扉編より

 

かねごんがまだゲイバーを回り始めてまもない頃。
とある2丁目ゲイバーの扉を開けると目に入った「ふんどし集団」

そう、その日は「ふんどしDAY」だったのです。

その時の衝撃からイメージしたのがこのイラスト。

「ふんどし一丁」⇒一丁??⇒へい、おまち!⇒寿司だ!
という思考回路だったのですが、

このイラスト、ちゃんと寿司職人に見えますか??
かねごん的にはいつにもまして、うまくかけた方だと思っています。

えっ??

うまくかけた方だと思っています。

 

【第2位:運命に逆らう!】

ゲイバー探訪 No5.ここがすごいよママの魅力編より

 

ゲイバーのママたちは美意識が高いという話から、なぜか飛び出した自虐ネタ。

「かねごんは隔世遺伝で禿げる運命にあるが、必死に抵抗している」

その運命への抵抗っぷりをイメージしたのがこのイラスト。

なんて適当なイラス、、、じゃなくて

なんとも言えない「侘しさ」と今にもイラストから飛び出してきそうな「禿げない未来への強い決意」
このバランスがよいですよね。

えっ?

聞こえなかったようですね。

ではもう一度。

このバランスがよいですよね。ね。

 

【第1位:サンタとトナカイ】

ゲイバー探訪 No.28 新宿ゲイバー ぴPOINT編より

 

つい先日公開したばかりのこちら。

棒人間サンタ。

そして。

トナカイ!!

「かねごんは棒人間だけじゃないんだ!動物も書けるんだ!!」

そんな衝撃をみなさんに与えたであろうこのイラストを栄えある第一位とさせて頂きます。
2017年の最後に、我ながら思い切った挑戦をしたなと感じています。

よく頑張った。。

えっ??何でしょう??
よく聞こえませんね~( ̄▽ ̄)

来年はどんなイラストが飛び出すのか。。
お楽しみに!!

 

改めまして、みなさま2017年大変お世話になりました。
ゲイバー探訪を続けられたのは、みなさんの応援のお陰です(^^)
来年も元気に頑張っていきますので、どうぞよろしくお願い致します!!

かねごんのゲイバー探訪。来年もつづく。。。

日常/コラムカテゴリの最新記事