ゲイバー各店の魅力をご紹介!お店探しにご活用ください♪

No.11 店子の挑戦 編

No.11 店子の挑戦 編

 

こんにちは!かねごんです!

先日上野のゲイバーを訪れた際、「ゲイバー探訪読んでますよ」とお声がけ頂きました。
とっても嬉しかったです。
これからもより多くの方に読んで頂けるよう、各地のゲイバーへ進出していきます!!

さて、前回の「ノンケの挑戦」に続き
今回は「店子の挑戦」です。

私が店子をやってみたって話ではないですよ笑。

店子はゲイバーで働くスタッフさんです。
ママ同様、年齢やタイプ、経歴も様々。

店の立ち上げからママと歩んできたり、数多くのゲイバーで経験を積んだベテラン店子も少なくないです。

一方で、経験の浅い新人店子もいます。
私がゲイバーを回った中では、
「今日が初出勤です!」なんていうケースも。

今回はそんな新人店子たちとのエピソードをご紹介したいと思います。

ギブアンドテイク

最近新宿二丁目にオープンしたゲイバーを訪れた日のこと。
私を迎えてくれたのは新人店子。

店子:「いらっしゃいませ。こ、こちらにどうぞ

笑顔はあるものの、緊張感が伝わってくる。

席に座ると、にこにこはしてくるものの、なかなか話しかけてこない。
ベテラン店子と違い、客と何を話したらいいのか思いつかないのかもしれない。

ゲイバーを回り始めた当初の自分が重なる。
ママや店子とどんな話をしたらいいのかわからず緊張したものだ。
そんな私に気さくに話しかけてくれたママや店子。
おかげですぐに緊張がほぐれ、楽しい時間を過ごせた。

「今回は自分が。。。」

新人店子に話しかけてみる

かねごん:「ここのお店に入ってどれくらいですか?」

店子:「今日が出勤2日目なんです。まだ緊張しちゃって。。」

かねごん:「ほやほやじゃないですか!初日はどんな感じだったんですか?」

店子:「お客さんとどう接したらいいかよくわからなくて。」

かねごん:「とりあえず何か自己紹介でもすれば入りやすいかも。自分のあだ名とかキャッチフレーズとか笑。あとはニコニコしてればきっと印象はいいですよ!」

かねごん何様だよと自分で思いつつも、次第に表情が柔らかくなる店子をみて喜ぶ私。

そのあとは店子の方から、出身地や仕事などいろいろな話題で話しかけてくれました。

私はゲイバーで楽しそうに接客する店子やママが好きなので、新人店子もそうなれるように応援したいと思っています(^_^

みなさんも新人店子には優しく接してあげてくださいね♪

 

驚愕

次に紹介するのは先ほどとは正反対、
とってもおしゃべりな新人店子です。

こちらも新宿2丁目に最近オープンしたゲイバー。

オープン月記念ということで浴衣姿で私を出迎えてくれました。

店子「気合の浴衣ですよ。どうですか。似合ってます??」

店子「この店は初めてですよね?他のゲイバーはいったことあります?よかったらおすすめあるんで紹介しますよ!」

いきなりのマシンガントーク笑。

かねごん:「ノンケなので、ノンケにおすすめのゲイバーあれば是非教えてください♪」

店子:「ここからすぐの〇〇さんとかいいですよ!ママも優しいですし。」

かねごん:「あ~〇〇ママのことですね。キャラもいいですよね( ̄▽ ̄)」

店子:「あれっ、知ってましたか笑。じゃあ〇〇通りの〇〇とかどうですか?ここはノンケさんも多いんですよ!」

かねごん:「あ~〇〇ビルの2Fにあるとこですよね!内装もお洒落で好きです」

店子:「。。。お洒落ですよね~はは笑。あと目立たないとこにあるんですけど、〇〇さんも楽しいですよ!紹介しますね。ここのママは~」

かねごん:「〇〇ママ!!若いのにすごいですよね!!」

店子:「。。。お客さんノンケなのにけっこう詳しいじゃないですか。このあたりはけっこう通ってるんですか?」

かねごん:「そうですね。〇〇〇店ぐらいは知ってますよ( ̄▽ ̄)」

店子: 「。。。お、おすすめは。。。どこですか??。。。」

今でも私の脳裏にやきつく店子の驚愕表情。。。

悪気はなかったんです。すいません。
こんなノンケそういないはずだから、きっと笑

 

きっかけは偶然

またまた新宿二丁目のゲイバーにて。
オープンから10年経つお店です。

そこで出会った店子は、なんとその日が「店子デビュー日」
 

店子:「〇〇です!宜しくお願いします!!デビュー日に駆けつけてくれるなんて、お客さん素晴らしい方ですね!」

とっても元気。緊張している様子はなく、むしろかなりのハイテンション。デビュー初日とは思えない笑。

ここでかねごん、ふと気になったことを質問。

かねごん:「どうしてここのお店で働こうと思ったんですか?」

店子:「先月ここに客としてきて、そのままママにスカウトされたんですよ♪」

なんと、この店を利用したのはその一回だけだとか。
知人の紹介でこの店にきて、初めてあったママに見込まれ店子デビューが決まったとのこと。

ママ:「若くて元気なこがほしかったのよね~。ぴったりだわと思ってね。」

こんなこともあるんですね。
2人の行動力にも驚きですが。。

 

みなさんもゲイバーに行ったら突然スカウト!!
なんてこともあるかもしれませんね(^^)

聞き忘れたけど、
スカウトとは言え「店子をやってみよう」と思った理由ってなんだったんだろう??

そういや、ほかの店子にも聞いたことなかったや。
とても気になります。

今後のゲイバー巡りで聞いてみようと思います。

また、いつかここで紹介しますね(^-^)

 

かねごんのゲイバー探訪。つづく。。。

 

No.12 池袋ゲイバー進出 編

 

日常/コラムカテゴリの最新記事