現在91店舗を開拓!目指すは100店突破と全国遠征!

No.7 新橋ゲイバー進出編

No.7 新橋ゲイバー進出編

こんにちは!かねごんです。

前回は「上野」ゲイバーに進出した私。

今回もまた新たなエリアへ進出してきましたよ!そのエリアとは。。。

「新橋」

新橋と言えば「サラリーマンの街」
誰もが抱いているイメージではないでしょうか。

しかし、それだけではないのです。

みなさんご存知でしょうか。

新橋が。。。

「主要なゲイスポット」

であることを。。。

それは、新宿2丁目のゲイバーを訪れたある日のこと。

店子Tさん:「あ~癒しがほしい。良い出会いないかしら。」

かねごん:「どんな人が好きなんですか?」

店子Tさん:「どんな人っていうか、スーツ姿に目がないの♥男のスーツ姿ってとってもセクシー♥」

かねごん:「サラリーマン狙いですね。そこらじゅうにいるじゃないですか。」

店子Tさん:「お気に入りは新橋なの♥仕事帰りのリーマンがごったがえしてるじゃない?スーツ祭りよ。たまらない♥あ~新橋で店子しようかしら♪」

かねごん:「新橋で店子? ん?? もしかして新橋にもゲイバーがあるんですか?」

店子Tさん:「2丁目ほどじゃないけどね。それでも都内だと2丁目、上野に次いで店数が多いなんて言われてるの。試しに行ってみたら?そこらじゅう行ってるんでしょ?」

かねごん:「そこらじゅうって笑。にしても気になりますね~新橋。これは行かねば!」

こうして、私の新たな「ゲイスポット進出」が幕を開けたのである。

※前回に引き続き

 

メインスポット「烏森口」

 

雨降りのある日。私が降り立ったのは
JR新橋駅 

烏森(からすもり)口

 

新橋、ゲイバーと聞いて最初に思い浮かんだ場所がここでした。
居酒屋中心に飲食店が立ち並ぶエリアです。

「この中にゲイバーが紛れているかもしれない」
そう思ったのです。

改札周辺には、多くのサラリーマンがいました。
雨宿りなのか、待ち合わせなのか。

ふと目に入ったのは烏森口目の前の「商店街アーチ」
その下を進むのはこれまた多くのサラリーマンたち。
わいわい話す声が聞こえます。

時間は19時過ぎ。仕事帰りに一杯といったところでしょうか。
さすがはサラリーマンの街。

よし、行ってみよう。

アーチをくぐると、目に入るのは左右にびっしり並んだ飲食店。
行き交うサラリーマン。
そしてそこらじゅうに待ち構えるキャッチたち。。。

「居酒屋いかがですか~」
「2次回でカラオケいかがですか!」
「ガールズバーでーす♥」
「占いどうですか」
「お兄さん最近ストレスたまってません?〇〇〇(ピーーーーーーー)どうですか」
「オニイサン、マッサージマッサージ、ドウ?ヤスクスルヨ」

まさにキャッチラッシュ。。
いろいろな店が密集していることがわかります。

ゲイバーはあるだろうか。。。

キャッチを避けながらすたすた歩いていると、
アーチを抜けたところに見えるビルの一角。
ふと目についた店看板。

漢字二文字のその店は、何か引き付けるものがありました。

ゲイバーを回り続けた効果でしょうか笑。

直観的に
「あそこはゲイバーだ」
そう思えたのです。

螺旋階段を上り、その店舗へ。
立て看板には「女性お断り」の記載。

「発見!ゲイバーだ!」

しかーし、
ドアを見て落胆。。。

「会員制」の記載が。。。

会員制は基本的にゲイオンリー。
ノンケの私は入れません。

ただ、烏森口にゲイバーがあることがわかったのは収穫です。

「この付近に他にもゲイバーがあるかもしれない。」

ゲイバーレーダー

商店街通り周辺の通りを歩きます。

飲食店が密集する烏森口。

サラリーマンどうし、女性どうし、カップル、グループ
それぞれ楽しそうにお酒を飲んでいます。この中にゲイバーはあるだろうか。

私が注目したのは「店看板」
次々と目に入る店看板の中で、
ふと何かを感じる瞬間がありました。

「あの店名、ゲイバーな気がする」

「この感じ、ゲイバーな気がする」

ノンケでありながら、ゲイバーを回り続けている私。
いつのまにこんな嗅覚がついたのでしょう笑
おそろしいものです( ̄▽ ̄)

さらに恐ろしいことに
その嗅覚はほぼ的中 笑。
我ながらびっくり。。。

ゲイバー探訪者かねごんに備わったもの。

それは

「ゲイバーレーダー」


だったのです。

2丁目や上野とは異なり、店舗が密集しているわけではありません。

居酒屋はじめその他飲食店の中に紛れて点在しています。

そしてもうひとつの発見。
私が新橋で発見したゲイバーは全て「会員制」でした。

上野と同様です。
観光バーも増えてきた新宿2丁目に比べると、閉鎖的な印象です。

どこにも入れそうにもない。。。

あきらめかけた私でしたが、

その後歩き続け、ついに見つけました。。。

たった1店のミックスバー

歩き続けていると
レインボーの店看板を発見。

そしてなんと!

店ドアには「どなたでも歓迎」の表記
ここだったら。。。

おそるおそる入店。

かねごん:「こんばんは」

ママ:「いらっしゃい」

かねごん:「ノンケなんですけど、大丈夫ですか?」

ママ:「うちはミックスだからノンケもOKよ。ここ座って。」

よかった( ̄▽ ̄)

かねごん:「新橋のゲイバーって、会員制ばかりなんですか?」

ママ:「そうね。新橋は50~60ゲイバーがあるけど、会員制じゃないのは
うちぐらいじゃないかしら。」

かねごん:「50~60 !? そんな数があるんですね。。。」
そしてやはり会員制ばかりだったか。。

ママ:「ゲイバーはよく行くの?」

かねごん:「新橋は初めてですが、2丁目はけっこう行きますよ。最近上野も行きました。」

ママ:「あらっ、なかなかやるじゃない。あんたほんとにノンケなの?」

かねごん:「ノンケです笑。」

ママ:「変わったノンケもいるもんね。どこからきたの?」

会員制の店ばかりだった中、
奇跡的にみつけたミックスバー。
ママとのおしゃべりはなんだかほっとするひと時でした。

ママによると、新宿2丁目の観光化に抵抗を感じたゲイ層が
よりディープなゲイコミュニティを求めて新橋に流れているとか。

会員制のゲイバーが多いのも納得でした。

客層は20~40代ぐらいのサラリーマンが多いようです。
上野よりも年代は若めなんですかね。

ママ:「スーツ好きなら平日がおすすめよ♪みんな仕事帰りでスーツでくるから

だそうです。
スーツ好きのゲイのみなさん、新橋も試してみては??

いかがでしたでしょうか。
2丁目から流入していることを考えると、
新橋ゲイバーは今後、ますます発展していくかもしれませんね。

かねごんのゲイバー探訪。つづく。。。

新橋/池袋/渋谷カテゴリの最新記事